ブログトップ > アーカイブ - 2016年06月

クロコスミア

クロコスミアはアヤメ科クロコスミア属の花で南アフリカが原産地です。
別名にヒオウギズイセンと言う名前がありますが、緋扇(ひおうぎ)と水仙に似ている事から付いたようです。
私はもう一つの別名「モントプレチア」と言う名前で覚えています。
独特の花の形状が面白いですが、どの様に撮るか悩みます。
花期は6~7月頃が見頃と思われます。

KV5A2534.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

KV5A2524.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

KV5A2525.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

KV5A2535.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

KV5A2536.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

KV5A2541.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

KV5A2548.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

ブログトップ > アーカイブ - 2016年06月

頬白(ホオジロ)

ホオジロはスズメ目ホオジロ科の野鳥です。
此の時期は木の高いところで良く鳴いているのを見かけます。
今回掲載したのは6月26日に利根運河で撮影した画像です。
今回撮影した所より30m手前でホオジロが鳴いているのを見つけカメラを用意していたら見知らぬ叔父さんが来て
ホオジロが鳴いている前で三脚を放り投げたりして騒がしくしたため逃げてしまいました。
とても良い場所に止まっていたのに1枚も撮れないまま逃げられてしまい気分を悪くしました。
今回掲載した写真も同じ叔父さんが後ろから歩いてきたので大急ぎでカメラを用意し手持ちで撮りました。
レンズとカメラなどで4㎏有るので手持ちで撮るのは私の腕力と体力では到底無理なので
自転車の後ろ籠に三脚座を乗せて撮りましたが画面が揺れて撮るのが大変です。
家で画像を確認すると意外と綺麗に撮れていたので良かったです。
然し今回も叔父さんが追いついてきて土手下に降りていきバサバサ始まり再びホオジロは逃げてしまいました。
マナーの悪い叔父さんには呆れて物が言えませんでした。

若干距離があったのでスズメかと思いましたが、鳴き声でホオジロと分かりました。
KV5A2745.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

頬白の雄と雌で左がメスで右がオスです。仲良くいちゃついていました。
KV5A2746.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A2766.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A2772.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A2775.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

ブログトップ > アーカイブ - 2016年06月

ソープワート

ソープワートはナデシコ科サボンソウ属の花で原産地はヨーロッパから中央アジアです。
この花は昔は石鹸として用いられていたようです。
どの部分だか忘れましたが揉むと泡が出るそうです。
根にサポニンが含まれ痰きり咳止めとしての薬効もあるようです。
雨が続いたため花びらが傷んでいて綺麗な花が少なかったです。
別名サポナリア、シャポンソウ等と呼ばれています。
花色は白の他にピンクなどもあります。

KV5A2507.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

KV5A2509.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

KV5A2512.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

KV5A2513.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

KV5A2514.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

ブログトップ > アーカイブ - 2016年06月

岡虎の尾(おかとらのお)

岡虎の尾はサクラソウ科オカトラノオ属の花で日本、朝鮮半島、台湾などが原産地です。
ブットレアのような細長い花房に白い花を咲かせます。
花房は15~20㎝前後になり花期は6月から7月にかけて咲きます。
撮影したのは6月24日ですが、花は終盤になっていて状態の良い花は2輪しか有りませんでした。
写真を撮りに行くのが若干遅かったようです。
虎の尾と呼ばれる花は何種類か有り、他に伊吹虎ノ尾、 花虎ノ尾、春虎ノ尾などがあります。

KV5A2468.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mm F/4L IS USM

KV5A2469.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mm F/4L IS USM

ブログトップ > アーカイブ - 2016年06月

夏椿 (なつつばき)

夏椿は椿(つばき)科ナツツバキ属の花で本州東北地方以南、四国、九州、沖縄が原産地になっています。
名前の由来は夏に咲く花が椿に似ていることから此の名がついたようです。
開花時期は6月初旬頃から7月にかけて咲きます。
写真を撮り(6月23日)に行くのが若干遅かったようで花が数輪しか残っていませんでした。
良く沙羅双樹(さらそうじゅ)と呼ばれることがありますが、此は間違いで沙羅の樹(しゃらのき)が正解で夏椿の別名になっています。
又、夏椿と同じような花で一回り小さい花がありますが、此方は「姫沙羅(ヒメシャラ)」と言う花で別名「小夏椿(こなつつばき)」と言います。

KV5A2457.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mm F/4L IS USM

KV5A2458.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mm F/4L IS USM

ブログトップ > アーカイブ - 2016年06月

合歓の木 (ねむのき)

合歓の木は豆(まめ)科ネムノキ属の花で
ネムノキは種子から育てて花が咲くには10年かかるそうです。
育てるのは可成り難しく素人には難しいようで上級者向けになるようです。
合歓の木は夜または酷暑になると葉は垂れ下がり向かいあう小葉を閉じるように寄り添い眠っているように見えるそうです。
此が合歓の木の名前の由来になったようです。
独特の花の形状が面白いですね。
開花時期は6月半ば頃から7月にかけて咲きます。

KV5A2440.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

KV5A2441.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

KV5A2442.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

KV5A2443.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

KV5A2449.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

KV5A2451.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

KV5A2455.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

ブログトップ > アーカイブ - 2016年06月

コンボルブルス

コンボルブルスはヒルガオ科 セイヨウヒルガオ属の花で原産地は地中海沿岸です。
朝顔を小さくしたような花を咲かせ大変可愛らしい花です。
紫色の他に白花もあります。
コンボルブルスも簡単に挿し芽で増やせるので長年家で咲かせ続けることが可能です。
西洋昼顔などと呼ばれているようです。

655A2856.jpg
EOS 5DMarkⅢ EF100mmF/2.8L IS USM マクロ

655A2858.jpg
EOS 5DMarkⅢ EF100mmF/2.8L IS USM マクロ

655A2859.jpg
EOS 5DMarkⅢ EF100mmF/2.8L IS USM マクロ

655A2860.jpg
EOS 5DMarkⅢ EF100mmF/2.8L IS USM マクロ

ブログトップ > アーカイブ - 2016年06月

グラリオ

グラリオはゴマノハグサ科アサリナ属の花でサントリーフラワーズの開発したアサリナの園芸品種です。
蔓性の植物で筒状の赤い花を咲かせます。
寒さ、暑さに強く夏場きちんと水やりを行えば枯れることはないです。
挿し芽で簡単に増やせるのが嬉しいです。

655A3967.jpg
EOS 5DMarkⅢ EF100mmF/2.8L IS USM マクロ

655A3963.jpg
EOS 5DMarkⅢ EF100mmF/2.8L IS USM マクロ

655A3959.jpg
EOS 5DMarkⅢ EF100mmF/2.8L IS USM マクロ

655A3953.jpg
EOS 5DMarkⅢ EF100mmF/2.8L IS USM マクロ

同じ花を撮っていますが天候や設定の違いによって微妙に花色が違います。 雨中の中で撮りました。
KV5A2311.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF300mm F/4L IS USM + EXTENSION TUBE EF25

KV5A2321.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF300mm F/4L IS USM + EXTENSION TUBE EF25

ブログトップ > アーカイブ - 2016年06月

ストケシア

ストケシアはキク科ストケシア属の花で北アメリカが原産地です。
背丈は30~40㎝位になり花は50円銀貨より大きな花を咲かせます。
茎が細いので花の重さで倒れてしまうことが多いです。
花色は紫の他に白色、青色、桃色、淡黄などがあります。
花は豪華で綺麗だと思います。
開花時期は6月頃から見られ長い期間見られるようです。

655A3950.jpg
EOS 5DMarkⅢ EF100mm F/2.8L IS USM

655A3949.jpg
EOS 5DMarkⅢ EF100mm F/2.8L IS USM

655A3948.jpg
EOS 5DMarkⅢ EF100mm F/2.8L IS USM

655A3947.jpg
EOS 5DMarkⅢ EF100mm F/2.8L IS USM

655A3946.jpg
EOS 5DMarkⅢ EF100mm F/2.8L IS USM

655A3944.jpg
EOS 5DMarkⅢ EF100mm F/2.8L IS USM

ブログトップ > アーカイブ - 2016年06月

チタルバ

チタルバは「アメリカきささげ(Catalpa bignonioides)」と「デザートウィロー(Chilopsis linearis)」との属間交雑種です。
木は可成り大きく成長しトランペット形の花を咲かせ紫色の条斑があります。
6月頃が花の見頃と思います。

KV5A1415.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mm F/4L IS USM

KV5A1418.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mm F/4L IS USM

KV5A1424.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mm F/4L IS USM

ブログトップ > アーカイブ - 2016年06月

常盤露草(ときわつゆくさ)

常磐露草は露草(つゆくさ)科ムラサキツユクサ属の花で南アメリカが原産地です。
初夏に咲く花で今頃から見られる花です。
ムラサキツユクサに似た白い花を咲かせ大きさはムラサキツユクサの半分以下と思います。
野博多唐草 (のはかたからくさ)などとも呼ばれています。

655A3863.jpg
EOS 5DMarkⅢ EF100mm F/2.8L IS USM

655A3860.jpg
EOS 5DMarkⅢ EF100mm F/2.8L IS USM

655A3856.jpg
EOS 5DMarkⅢ EF100mm F/2.8L IS USM

ブログトップ > アーカイブ - 2016年06月

大宮鉄道博物館

大宮鉄道博物館内の車両
2016年6月17日撮影

KV5A1834.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

富士の車内。豪華な作りで驚きます。
KV5A1835.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

富士の車内。
KV5A1837.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

富士の車内。
KV5A1838.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

一般車両の内部
KV5A1839.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

一般車両の内部
KV5A1844.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

KV5A1846.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

KV5A1860.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

KV5A1867.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

KV5A2223.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

KV5A2226.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

KV5A2227.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

KV5A2233.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

KV5A2235.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

KV5A2237.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

KV5A2242.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

KV5A2241.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

KV5A2243.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

KV5A2249.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

KV5A2250.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

KV5A2251.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

ブログトップ > アーカイブ - 2016年06月

大宮鉄道博物館から見る「新幹線」

昨日は大宮へ用事がありましたので序でに「大宮鉄道博物館」へ立ち寄りました。
既に何回も出かけているので珍しいものはありませんが、鉄道を見るのも面白いので何回も出かけてしまいます。
今日は鉄道博物館の屋上から撮った新幹線とニューシャトルの電車を掲載しました。
ニューシャトルは通勤に使用していたので良く知っていますが、
通勤に使用していた当時の電車と違って色がカラフルで格好が良くなりました。
今回走る新幹線を撮ってブログに掲載するのは初めてですが、電車を撮るのも面白いですね。

KV5A1906.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

KV5A2021.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

北海道新幹線?
KV5A2046.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

画面左端を電柱の手前にセットしピント位置を電柱と電柱の間に合わせて連写すると左端に電車の先頭が来て撮れました。
KV5A2064.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

KV5A2104.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

此の新幹線は12時19分通過予定でしたが、12時27分40秒に通過しましたので約8分の遅れでした。駅員が確認に来ました。
KV5A2160.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

KV5A2170.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

KV5A2196.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF24~105mmF/4L IS USM

ニューシャトル

大宮~内宿間を走るニューシャトル、電車が小さくて可愛らしい
KV5A1911.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mmF/4L IS USM

六両編成(?)ですが電車が小さいので全長が短い
KV5A2081.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF16~35mmF/4L IS USM

KV5A2121.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF24~105mmF/4L IS USM

KV5A2141.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF24~105mmF/4L IS USM

ブログトップ > アーカイブ - 2016年06月

大鷺(ダイサギ)

大鷺はコウノトリ目サギ科の野鳥です。
サギ類ではアオサギ同様最も大きな鳥です。
夏羽では嘴が黒くなり冬羽は嘴が黄色くなります。
ダイサギの嘴が黄色から黒に変わっていく途中の様です。
雨が止み天気が回復したので流山市の田園地帯へ野鳥を撮りに出かけたときに撮影した画像です。
大鷺が何かを狙っているように見えたので様子を見ていたら蛙を捕まえました。
急いでカメラを用意し手持ちで撮りましたが、手ぶれが発生するので自転車の後ろ籠にカメラを置いて撮影しました。
其れほど大きな蛙では有りませんでしたが頭から丸ごと飲み込んでしまいました。

KV5A1581.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1584.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1592.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1594.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1601.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1602.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1603.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1604.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1605.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1606.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1607.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1614.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

ブログトップ > アーカイブ - 2016年06月

雲雀(ヒバリ)

以前ヒバリの画像を掲載しましたが、今回は以前とは違った表情が撮れたと思います。
以前撮った時は可成り遠かったですが、今回は6~7m位の距離で撮れました。
今回は前回と違って頻繁に鳴いたり羽を膨らませたりして違った表情でした。
此の時期は鳥たちの繁殖の時期なので求愛行動かも知れません。
何時も少しでも近づくと直ぐ逃げてしまいますが、今回は近づいても逃げませんでした。
尚且つ此方を向いてくれたの嬉しかったですね。
撮影日は2016年6月14日

KV5A17381.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A17481.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

羽を膨らませ鳴いている姿は何かをアピールしているように感じます。もしかしたら求愛の行動かも・・・?
KV5A1678.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1679.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1680.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1681.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1684.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1692.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1711.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1713.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1718.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

ブログトップ > アーカイブ - 2016年06月

青鷺(アオサギ)

アオサギはコウノトリ目アオサギ科の野鳥です。
日本各地の田んぼや川などへ行くと見られる野鳥で日本で見られるサギ類では一番大きなサギのようです。
何時でも何処でも見られるので余り写真を撮ることはありませんが、丁度目の前をアオサギが飛んでいましたので撮ってみました。
今まで使用していたレンズはテレコンを装着すると中央の一点と其の周囲しか測距点が使用できませんでした。
新しく購入したレンズはテレコンを使用しなくても超望遠となり尚且つ総ての測距点が使用できます。
測距点を広く使用できるので飛んでいる鳥を補足するのが可成り改善されたと思います。
然し超望遠レンズですとレンズの中央に鳥を追い続けるのは難しく中央に写し続けるのは困難です。
掲載した画像は撮ったままの画像なので見れば一目で分かると思います。
アオサギは飛ぶ速度が遅いので何とか撮れましたが、動きの速い鳥では私の腕では無理ですね。
尚、撮影はビデオ雲台にセットして撮っています。
13枚連続で撮った写真を掲載してみました。

KV5A0918.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0919.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0920.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0921.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0922.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0923.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0924.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0925.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0926.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0927.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0928.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0929.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0930.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

ブログトップ > アーカイブ - 2016年06月

燕(ツバメ)

ツバメはスズメ目ツバメ科の野鳥です。
昔は家の軒先などに巣を作り何処でもツバメの姿が見られましたが最近は街中で見かけることは少なくなりました。
然し街中を離れ公園や川沿いなどへ行くと燕を沢山見かけます。
今の時期は巣作りのため川などの湿った土を持ち帰る姿が見られます。
今日は燕の働く姿を撮ってきました。
燕は動きが速く急旋回するので超望遠レンズで追いかけるのは可成り難しいです。

KV5A0955.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0980.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0981.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1045.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1076.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1077.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1087.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1119.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1120.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1392.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1393.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1394.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

ブログトップ > アーカイブ - 2016年06月

白鶺鴒(ハクセキレイ)の幼鳥

白鶺鴒はスズメ目セキレイ科の野鳥です。
掲載した野鳥は白鶺鴒の幼鳥だと思います。
小千鳥が居ると縄張り争いになり小千鳥と白鶺鴒がバトルになります。
此のバトルと撮ろうと頑張りましたが、動きが速くて撮れませんでした。
600㎜(35㎜換算で960㎜)ですと画角(視野)が狭くて追いかけるのが難しいです。

KV5A1064.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0949.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0952.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1001.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1007.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1014.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A1065.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

ブログトップ > アーカイブ - 2016年06月

雪加(セッカ) 

セッカはスズメ目ヒタキ科ウグイス亜科の野鳥です。
前回行った時は盛んに綿毛を運んで居ましたが、今回は盛んに虫を運んで居ました。
葦の葉に止まっても直ぐに下に降りてしまうので写真を撮る時間が短いです。
セッカは凜々しい顔立ちで可愛いです。
撮影日は2016年6月10日

目に光が入ると良いのですが、太陽との位置関係があるので難しいです。
KV5A06251.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0654.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0676.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0685.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0803.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

セッカ独特の止まり方が面白い
KV5A0806.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

口の中がお歯黒の様に真っ黒
KV5A0816.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

KV5A0825.jpg
EOS 7DMarkⅡ SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM / Sports

ブログトップ > アーカイブ - 2016年06月

幸手市権現堂堤の「紫陽花」

先日守谷市の「四季の里公園」へ行った際帰りに埼玉県幸手市権現堂堤の紫陽花を見に行ってきました。
開花状態は4~5分咲き程度と思われ満開になるのは6月中旬以降と思われます。
アナベルの群生している所はまだ花の色が緑で白くなっているのはまだ少なく見頃になるのはもう少し先になると思います。
撮影日は2016年6月8日

KV5A0490.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mm F/4L IS USM

モコモコとした花が面白いです。昨年まで無かった品種で新しく植えられたと思います。
KV5A0458.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mm F/4L IS USM

KV5A0471.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mm F/4L IS USM

KV5A0476.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mm F/4L IS USM

KV5A0480.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mm F/4L IS USM

KV5A0484.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mm F/4L IS USM

KV5A0488.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mm F/4L IS USM

KV5A0491.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mm F/4L IS USM

KV5A0499.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mm F/4L IS USM

KV5A0506.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mm F/4L IS USM

KV5A0509.jpg
EOS 7DMarkⅡ EF70~200mm F/4L IS USM

fc2counter
FC2カウンター
user
こねこ時計
Cats
Sweets
freearea
        ブログのリンク
このブログをリンクに追加する
link
管理人専用
  • 管理画面
  • user
    カレンダー
    << 06
    2016
    >>
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    entry
    comment
    profile
    プロフィール

    Author:yosaku03
      yosaku03の拙いブログをご覧頂き
      有難う御座います。

    ブログ開設 2016年2月9日
    archive
    category
    link
    freearea
      撮 影 機 材
    カ メ  ラ
     EOS 5D MarkⅢ
     EOS 7D MarkⅡ
     EOS M5(ミラーレス一眼)
    レンズ
     EF 70~200㎜F4L IS USM
     EF 24~105㎜F4L IS USM
     EF 16~35㎜F4L IS USM
     EF 8~15㎜F4L USMフィッシュアイ
     EF 100㎜F2.8L IS USM マクロ
     EF 40㎜F2.8 STM
     SIGMA 150-600mmF5-6.3
           DG OS HSM / Sports 
    三 脚
     花、風景用
      ベルボン カルマーニュ645
      SIRUI 自由雲台 K-30X
     野鳥撮影用
      Velbon Professional Geo V640
      SIRUI ビデオ雲台 VH-10
      一脚
      SIRUI P-326
      SIRUI 自由雲台 K-30X
    その他
      EXTENDER EF1.4×III
      EXTENDER EF1.4×II
      EXTENDER EF2.0×
      EXTENSION TUBE EF12II
      EXTENSION TUBE EF25
    freearea
    PC マウスコンピューター
    OS
     Windows10 Professional 64ビット
    CPU
     インテル(R)Core(TM)i7
     3960Xエクストリーム エディション
     3.3GHz-6コア/12スレッド
    マザーボード
     IntelX79 ATX LCA 2011/
     8DIMM X79A-SD40(8D)
    電 源
     700W ゴールド ATX電源
    メモリー
     32GB  DDR3-SDRAM
     PC3-12800 4GB✕8
    ハードディスク
     Cドライブ intel520 240GB(SSD)
     Dドライブ HDD 3TB
     Eドライブ HDD 1TB
    ブルーレイドライブ(内蔵)
     アイオデータ BH16NS48 16倍速
     パイオニア  DR-S09J-BK 16倍速
    カードリーダー
     内蔵&外付 USB3.0 計2台
    グラフィックカード
     GeForce GTX580 メモリー1.5GB
    モニター
     27型 アイオデータ(三菱電気製造)
         LCD-RDT271XPB 
    プリンター
     キャノン PIXUS Pro 9000 MarkⅡ
     キャノン PIXUS MG7130
    スピーカー
     BOSE製 コンパニオン20
     ロジクール Z623
    キーボード
     バッファロー製キーボード
     (Cherry社製黒軸使用)
    マウス
     ロジクールゲーミングマウス G300s
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    写真
    1003位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    風景
    359位
    アクセスランキングを見る>>
    copyright
    Author by yosaku03

    Designed by マンゴスチンw